出展の考え方と基準 【畜産品】

 

① 有機JASによれば、「有機畜産物」と表示するためには、「有機農産物を飼料として与えること」が条件になっていますが、現状では秋田県内でこのような畜産物を見つけることはほとんど不可能です。他方、有機農業の考え方では、自給飼料で家畜を飼い、家畜の健康と環境保全を両立させる「日本型畜産」を高く評価しています。フェスタでは、この考え方に基づいて、畜産物に関しては自給飼料を一定以上使っていることを出展の条件とします。

 

② 自給飼料を使っているかどうかを確認するために、フェスタ実行委員が事前に畜産生産者に確認し、事実と相違ないこと畜産生産者に保証してもらいます。当日は原則として生産者自身が直接販売し、飼育内容を消費者に説明して納得した上で購入してもらうことにします。また、飼育内容等がわかるパネル等を用意します。